電波妨害装置と隠しカメラの格安通販サイト!品質高い各種妨害機とスパイカメラを厳選!市場最安価格!

通信抑止装置の購入に影響される要因

2017-12-25

電波遮断機といった製品は議論があります。現在の大学入試、通常の模擬試験では公正と公平性を確保するために、静かな診察室、他の場所を監視するために、信号電波ジャマーを利用しています。信号遮断機を選択する方法について、言いたいことがあります。購入する前に、遮断したい信号を知る必要性があります。工場は出荷する時、遮断信号を調整することができます。

GPS電波 ジャマー

適用する場所も考慮する必要性があります。室内場所で適用する通信抑止装置は検査室、会議室やオフィスなどの場所も応用しています。室外で適用するジャミング装置は妨害電力を使用する必要性があります。適切な遮断距離を達成します。WiFi電波遮蔽の外見を選択するのは重要な点です。外部アンテナと内蔵アンテナを分けます。外部アンテナは大容積を占めます。安定性の効果があります。

電源サイズを考慮する方がいます。低消費電力、中電力や高電力などのことを分けます。一般に、ハイパワージャマーを使用することがおすすめます。遮断範囲が広いです。遮断範囲も重要なポイントです。パワーは遮断範囲は関係があります。試験場で低消費電力の妨害機を使用します。ハイパワーの電話ジャマーは300-400mに達することができます。