電波妨害装置と隠しカメラの格安通販サイト!品質高い各種妨害機とスパイカメラを厳選!市場最安価格!

携帯電話信号妨害の設計とインストール

2018-03-02

無線信号妨害器は、870-880MHz、930-960MHz、1805-1920MHz、2010-2025MHz、2110-2170MHzおよび2300-2600MHzの周波数範囲で基地局)と携帯電話との間の信号を遮断するために使用される抑止装置です。遮蔽領域を確保するために、さまざまなタイプの妨害機をご提供いたします。さまざまなタイプの環境に完全に適用する可能です。こちらでこの商品の設計とインストールについてをご説明いたします。

生活環境でさまざまな信号があります。信号の強度が同じではないです。場所で信号強度を了解して、ジャマーを設計して設置することができます。携帯ジャマーの設置場所周辺の基地局の状況、基地局からの距離を知る必要があります。ほとんどの都市で基地局は多くの高層ビルに構築されています。郊外または田舎の鉄塔に構築されています。測量機器は、屋内と屋外のシーンで信号強度のの複数のポイントを詳細に記録出来ます。

wifi抑止装置 激安

調査結果によれば、理想的な状態に達したために、異なる信号に対して、合理的に電波妨害機を設置します。非遮断範囲での影響を十分に考慮する必要があります。実際の設置中、まず、信号の強い場所で、指向性アンテナを使用します。基地局の方向に沿ったアンテナの設置をインストールします。wifi 妨害の遮蔽効果を得るために、上部から下部までの取り付け順序を使用します。上部信号が底部より優れているため、遮断場所での高さを考慮する必要性があります。